2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町家のひなめぐり - 2012.04.02 Mon

本当は、このひなめぐりに関しては、三月中に記事を書きたかったのですが...orz
人生の夏休みにラストスパートをかけていて四月にずれこんでしまいました(´・ω・`)
というのも、このイベントやってるの、3月いっぱいなんですよね\(^0^)/オワタッ

町家のひなめぐり

2012_0318_125442-IMG_1786.jpg

でも、きっと来年もイベントあるだろうし、レポはしっかりやりますよっと!!!

まず、『ひなめぐり』とは?
ひとつ前の記事で紹介した壷阪寺から車で5~10分くらいの、奈良県高取町という場所で行われます。
お散歩しながら色んな種類のお雛様を見ることができますよう(●^ω^●)

例えば、一番典型的な形のお雛様↓
2012_0318_122144-IMG_1777.jpg
可愛いですねえ…家がおっきかったら、こんなの飾ってみたいものです。
が、管理が大変そうなのでこうして見るだけで十分かなと思いなおしましたw

次に、大正時代につくられたお雛様!!!
2012_0318_121439-IMG_1771.jpg
着物にあたる部分の布の色落ちこそあれど、これもまた立派なお雛様です。
職人さんが一つづつ丁寧に作っているものだから、年月がたっても形が崩れないんでしょうね…。
すごいなあ、日本人(❤´3`)

お次は、人間国宝さんがつくられたお雛様!あ、「となりの」じゃないですよ~
人間国宝1
表情豊かな人形と、精巧な作りの調度品に目を奪われました。
なんていうかもう、『別格』ですね(❤ρ❤)

人間国宝2
奥の牛車の中から、高貴なお人の声でも聞こえてきそうなくらい、本物感がただよっていました。

人間国宝3
重厚感と、ありがたみのあるお内裏様とお雛様。
職人技って…生で見ると本当に凄いなあ、絶やしてはいけないなあと思います。

あとは、御殿飾りのひな人形
私は初めて見たのですが、昔はこれが関西では主流だったみたいですね。
母も祖母も『懐かしい』と言っていたので(・ω・)
かっこいいお雛様

次は少し趣を変えて、今風のひな人形!
羊毛フェルトで作ったものだそうです、流行りですね~(*´ω`*)かわゆす
ふわふわお雛様

同じ展示場に、こんなのもありました。
パッと見は丸くて可愛い雛人形。
でも、鏡に映る後ろの顔は…これ、なんなんでしょうね、こy(>Δ<;)
まるいお雛様

そして、なんといってもメイン会場!
15段500体もの、ひな人形がずらーーっと並んでいます。圧倒されますよ!!!
2012_0318_123545-IMG_1785.jpg

違う角度からパシャリ☆
天井からなにかぶらさがっていました。
何かと尋ねるのを忘れたので、もしご存じの方がいれば、教えて戴けると嬉しいです!
メイン会場1

メイン会場には、他にもこんな変わり種も展示されていました。
実はこれが、人間国宝さんのひな人形の次にお気に入りなのです❤
メイン会場2

メイン会場の近くで、「のこのこ」というレストランがあったので入りました。
のこのこ3

が、まあ正直1000円以下ならギリギリ許せるかなぁ…程度の料理でした(´・ω・`)
ご飯も楽しみにしていただけに、少しがっかし。一応、写真のせておきますね!
のこのこ2

そして、最後に見に行ったのがコレ。
さざ●さん

さざえさん家のひなまつりです(´∇`)❤
手作り感あふれる、可愛い展示でした!たらちゃん、かわいい!!
まぁタマだけ人形じゃないのが、若干の違和感はありましたがw
たら●ゃん

こんな感じで、ほんまもんのひな人形から今風のものまで飾ってあるので、飽きることがありませんでした!
こんだけあるので、きっとお気に入りのひな人形の一組や二組は見つかること間違いなしですよ(●>ω<●)

あと、ひなめぐりの通りでは、たまこんにゃくや五平餅を売っていたりもしたので、食べ食べ歩くのも乙かもですねっ❤
ただし、作品を見るときはモグモグはペケですが。

以上、ひなめぐり編でした~。
来年行ってみたいかも!!!と思ってくださった方は、ぽちっと拍手orコメント残していただけると、新社会人のはくは飛んで喜びます((((ノ´3`)ノっぴょーん

☆人気ブログランキング(奈良情報)☆
★にほんブログ村 奈良市情報★
☆FC2 Blog Ranking☆

あ、そういえば、今日入社式でした(*^ω^*)
明日から12日までは本社で研修、のち奈良で実店舗研修です…不安しかないですが、頑張ります!!!w

はく(8・Δ・9)でした。
スポンサーサイト

西国観音霊場 壷阪寺 - 2012.03.27 Tue

遠く広島から、私の袴姿を見に来てくれた祖母の希望で、行ってきました(*´∀`*)壺坂さん

【西国観音霊場】 壷阪寺 【眼病封じの寺】

骸骨こy


お寺の前の駐車場に車を停めて、入場料を払ってレッツらごー(((*^ω^)

まず、怖いお顔の方々に出迎えてもらいます@仁王門

・阿
におうさん2



・吽
におうさん

上の写真がお気に入りです(/ω\)かっくいー♥

次に、圧倒的存在感!石像群!!ドーン!!!
どーん!

              大釈迦如来石像
普賢菩薩石像 十一面千手観音菩薩像 文殊菩薩石像

調べたところによると、
普賢菩薩『行』
観音菩薩『慈悲』
文殊菩薩『智慧』を表しているのだそうです。

今日の今日まで、文殊菩薩が智慧ってことしか知らなかった...((((;-Д-))))
というわけで『行』が何かを調べてみると、「行=慈悲行」と書かれていて、さらに混乱(´;ω;`)

慈悲と慈悲行、何がどう違うの!?教えて偉い人!

さて、この石像群の裏に回ってみると、小さな石像がズラーっと並んでいました。ちょっと怖いw

どどーん!

更に奥へ進んでみると、妙に色っぽいポーズの石像と出会ったー(/ω\)
でもこれ一体どういう恰好なんでしょうね~
くねっ

次に、少し階段を上って、慈眼堂へ入ります。
中には、生まれた途端7歩歩いて、天を指さし『天上天下唯我独尊』と言ったブッダの姿が。

天上

これを見た瞬間、私の脳内に漫画『聖おにいさん』に出てくる、Tシャツ&ジーンズ姿のブッダが甘茶を頭にぶっかけられているコマが思い浮かんだのは、言うまでもありません(*´∀`*)てへぺろ

という訳で、記念にアップでもう一枚!

天下

慈眼堂から出て、次は天竺渡来佛伝図レリーフ「釈迦一代記」を見に行きます。
すると、ここにも...

唯我独尊!

このレリーフは、南インドの石彫師(延べ5万7000人!!)の手によって、制作されたものだそうです。すげえ。
名前通り、お釈迦さん一代記が誰が見てもわかるように彫られているので、見てて面白かったです。
仏教について全く知識のない私でも(/ω\)w

次は、お寺に行くとしょっちゅう見かける仏足石(両足ver.)
仏足石

御足を拝む当時の信仰の形から、仏足石が刻まれるようになったらしいです。ほー。
でも、なんで御足を拝んでたんでしょうかね。教えて偉い人!
足を拝む人々

さて、ではではご本尊の元へ(((*・ω・)テケテケ
禮堂に入ると、おみくじ発見!うさちゃん可愛い❤
思う壺
せっかくなのでひいてみると、関係に気をつけなさいってでました…ですよねー!これで3年連続wwwわろすwwww

本堂八角円堂へ。
なんか目の神様なだけあって、目みひらいてはりますね(@_@)くわっ!
ちょっとこyなー
くわっ

さて、目の神様を見た後、ゾウとか(なんかこのお寺はインドと繋がりが深いらしい)
ぞうさん

つのが片方折れてる鬼さんとか、
おに

浄瑠璃で有名な、お里・沢市の像を見て、
2012_0318_111626-IMG_1758.jpg

(何それ?って人は、↓読んでくださいな。盲目の夫と、それを支える妻の奇跡の物語です。)
解説

最後に、を売ってるお店へ。

ってのを見ると、ジブリの名作『千と千尋の神隠し』の看板「目あります」を思い出しますね~
め

で、これがその
試食したら、まあ普通に美味しい玉子せんべいでした(*・ω・*)お腹すいてるときにどーぞ
め!

壷阪寺の公式HPは→をクリック:http://www.tsubosaka1300.or.jp/index.html

というわけで、次回に「雛巡り編」に続く!!!
2012_0318_123545-IMG_1785.jpg

最後まで読んでくれて、ありがとうございます(*・人・*)
私のエネルギー源は、皆様からのコメントと、拍手です!
これからもがんばりますので、お時間ございましたら、ぽちっとしてってください!
コメント大歓迎です!よろしくお願いします(*・∀・*)ノ

☆人気ブログランキング(奈良情報)☆
★にほんブログ村 奈良市情報★
☆FC2 Blog Ranking☆

どこらへんに需要があるかわからないけど、おまけ。
2012_0319_140752-IMG_1839-2.jpg

おふさ観音『ばらまつり』 - 2011.11.02 Wed

おふさ観音『ばらまつり』

こんにちは(`・ω・´)
不定期更新が型についてまいりました、はくです←
今日は題名どおり、橿原市にあるおふさ観音の『ばらまつり』をご紹介します(*´∀`*)

急になぜ橿原市かというと、我が父が奈良県立医大病院に検診に行くことになったので、その待ち時間に近くにあるおふさ観音へ足をのばしてみたのです。
丁度バラの綺麗な季節だったので、平日にもかかわらずお客さんもそこそこ入ってました(^ω^)

9

本堂の前にバラ園(`・ω・´)

2

鍾楼堂の前にも薔薇(`・ω・´)

1

私の今のスマホの待受画像でもある真っ赤な薔薇(`・ω・´)
なかなか綺麗に撮れてません?

3

そして、バラ園を抜け、本堂の裏にある亀の池へ...

4

のぞき込むといっぱい亀の飾り物が置いてあr...あれ?動いた!?

5

このように、見える範囲で15匹いらっしゃいました。あと、ちゃんと全部本物でした(`・ω・´)
そしてなんと、ここにいる亀さんたちは、観音様の化身なんだそうです。
…さっきぐぐって初めて知りました)^o^(

その後、更に奥、円空庭の方へ歩いていきました。
建物のガラスに映り込む、お庭をパシャリ☆

6

・・・うん、写真だと臭いがしないからイイ感じですね!
というのも、ここらへん一帯、何故か御便所臭かったのです(;^ω^)
せっかくいいお庭なのに残念ですね。

でも、こんなふうにお花が生けてあったり、

7

バラ園はもちろん、建築物も含め、境内全体が非常に美しいです。
カメラ初心者の私でも、良い感じに撮影できました(`・ω・´)キリッ

8

私が行ったのが10月29日だったので、まだ咲き始めだったのですが、これから11月中旬にかけて、もっと薔薇が沢山咲いていくことだと思いますヽ(*´∀`)ノ
公式HPに行けば、六日ごと位に開花状況が載せられていますので、参考になさってはいかがでしょうか?

また、私は怖くて見に行けなかったのですが、本堂で「生き人形」の特別展示をやっていました。
日本に数点しかない、貴重で評価の高いお人形だそうです。
興味のある方は、あらかじめ展示期間を問い合わせの上、行ってみてください!
HPを見てみたのですが、期間の表記がなかったので…(´・ω・`)

以上、バラ・風鈴のお寺 おふさ観音『ばらまつり』の紹介でした。

この後、まだ時間があったので、またてくてく歩いて

今井町へ…

5

いつもお付き合いくださりありがとうございます!
奈良地元紙ぱ~●るや、大手出版社のなら特集では見えないようなところまで取材しようと思いますので、どうぞ暖かく見守ってやってください(*´∀`*)
よろしくお願いします(^ω^)

☆人気ブログランキング(奈良情報)☆
★にほんブログ村 奈良市情報★
☆FC2 Blog Ranking☆

管理人 はく

江戸の町並みを残す土地・今井町 - 2011.11.01 Tue

江戸の町並みを残す土地・今井町

4

こんにちは(*´∀`*)
今日は風邪っぴきで他に何もすることがないので、季節感が大事な記事を3つ、一斉投下!

おふさ観音→今井町→曽爾高原&お亀の湯 の順に読むことをオススメいたします★

さてさて、おふさ観音でバラを満喫した私は、父の診察が終わる時間まで余裕があったので、アイフォンを見つめながら今井町に向かいました。
すると何故か、最初に行きたかった花甍とは、正反対の町外れに出てしまいました。
不思議ですね!(笑)

写真

さて、まあそんなことは大して気にもせず、のらりくらりと歩いていると、どこからか視線を感じます。

ナニナニ?(・ω・`)=(´・ω・)キョロキョロ

はっと左に振り向くと、竹細工のお店の中から私を見つめる瞳が二つ。

(◎ ◆ ◎)

そう、そこには腰の曲ったおばぁさん…ではなく、竹で作られたフクロウがいて、私をじっと見つめていたのです。
それがこの子、名前は竹彦。今、考えました。
そこ!もっとヒネれとか言わない(#゚Д゚)y-~~

5

この出会いに運命を感じた私は、竹彦を400円で買いとり、一緒に今井町散歩をすることにしました。

3

江戸時代の建物がなんと500軒も残っているという今井町。
町中どこを映しても、絵になります。

2

南都銀行もこんな感じに。

1

しかし、電柱が無ければもっと雰囲気出るのになぁ…(´・ω・`)
(補足:今井町は一部地域、無電柱化されています)

2011_1027_145935-IMG_1143.jpg

丁度このとき、小学生の下校時間だったので、ランドセルをしょった子供らが楽しそうな声を上げながらやってきました。

他にも高校~大学生と思しき年齢の人々が、絵を描いていらっしゃいました。
ここにも、キャンバス発見(・∀・)!静かな町なので、絵をかくのに適しているんでしょうね。

2011_1027_152424-IMG_1150.jpg

花甍に向かって、てくてく歩いていると、なにやら門が見えてきました。

2011_1027_152833-IMG_1152.jpg

竹彦『あれ?これどっかで見た気がする。』
はく『これ↓やで、これ。さっき踏んだこの石版。』

2011_1027_151742-IMG_1146.jpg

と、今井町には、何種類かの石版があるんですね。
こんなの↓とか、よければ探しながら歩いてみてください(^ω^)
ディズニーシーの隠れミッキーみたいなものです(違

2011_1027_152051-IMG_1149.jpg

そして、ようやく本来のスタート地点であった花甍に到着。
木造の美しい明治建築です(*´∀`*)!

2011_1027_150445-IMG_1144.jpg

中には、今井町の歴史を詳しく解説する資料があり、展示コーナーや映像シアター、図書閲覧室などがあります。
私は町家の模型に心惹かれました。
さっき私がへっぴり腰で登ったのは、ここか、と。

あ、実はのらりくらりと歩いてる時に、今井まちや館というのを見つけて、はしごを登って二階に行ってみたんです。
しかし、これが怖いのなんのって。
一人で行ったので、はしごを押さえてくれる人が居ないので、グラグラ、冷や冷やしながら登りました。

6

しかし、マンション住まいに慣れてしまった現代っ子な私は、屋根裏部屋というだけで『オラわくわくすっぞ!』状態(`・ω・´)
でもやっぱり降りる時もちょっとこわかったです(´・ω・`)

さぁ次は…

曽爾高原&お亀の湯!

いつもお付き合いくださりありがとうございます!
奈良地元紙ぱ~ぷ●や、大手出版社のなら特集では見えないようなところまで取材しようと思いますので、どうぞ暖かく見守ってやってください(*´∀`*)
よろしくお願いします(^ω^)

☆人気ブログランキング(奈良情報)☆
★にほんブログ村 奈良市情報★
☆FC2 Blog Ranking☆

管理人 はく

曽爾高原&お亀の湯 - 2011.11.01 Tue

曽爾高原&おの湯

2011_1027_175544-IMG_1162.jpg

こんばんは(´・ω・`)はくです!
今日はなんだかえらいあったかい一日でしたね。
玄海原発がストレステストなしで再稼働ってのもなかなかホットなニュースですが(´Д`;)
さてさて、昨日から風邪っぴきでもう眠くもないし、他に何もすることがないので、季節感が大事な記事を3つ、一斉投下!

おふさ観音今井町→曽爾高原&お亀の湯 の順に読むことをオススメいたします★
↑太字クリックで、その記事にページがとびます(*´∀`*)ピョーン

父の診察が終わったあと、家族三人で急いで曽爾高原へ向かったのですが、残念ながら日のあるうちにはたどり着けませんでした(;^ω^)
でもそこそこ綺麗に撮影できたので幾つか載せていこうと思います!
まずは、曽爾高原から見下ろした山々、夕焼けにより綺麗にシルエットが映し出されています。

2011_1027_175216-IMG_1155.jpg

今が見頃のススキはというと…

2011_1027_175724-IMG_1167.jpg

寒い中、元気に金色のふさふさを揺らしていました(´▽`)
もっと明るいうちに行けば、アレができたのに…

『その者青き衣をまといて金色の野に降りたつべし』
ラン ランララ ランランラン~♪(ナウシカのメロディで 

残念です...orz

2011_1027_175839-IMG_1169.jpg

さて、あたりも真っ暗になってきたので、そろそろ冷えた体を温めに行きましょうかね。
曽爾はもう冬の気温でしたから。ダウンコートで良いくらいでした(;^ω^)
お亀の湯までは車で10分弱位?です。

2011_1027_200444-IMG_1173.jpg

お風呂の中は残念ながら撮影できないので、公式HPをご参照ください(´▽`)
源泉かけ流しのお風呂と、露天風呂、大浴場、サウナ、水風呂があります。
おすすめは、やっぱり源泉かけ流しですね(^ω^)
温泉の泉質は、ナトリウム一炭酸水素塩泉で、めっちゃスベスベになります。
ただ、温泉の温度は高くないです。むしろ低かったです。

父母は4,5回行っているのですが、今回ほど温度が低いことはなかったといっていました。
なので、その日だけ温度調整がうまくいっていなかったのかもしれませんね。
残念です(´;ω;`)
まぁ母と常連さんっぽいおばさんがクレームをいれていたので、今後きっと改善されることでしょう^^

でも、無料の備品としてボディーソープ・シャンプー・化粧水・ドライヤーがあったり、薄型テレビのある畳敷きの休憩所があったりと至れり尽くせりだったので、曽爾高原を訪れる際には是非立ち寄ってみてください(*´∀`*)

最後に、露天風呂ですが、岩風呂で景観が素晴らしいんだそうです、母曰く。
私が行ったときにはもう真っ暗だったので何も見えませんでしたが…。
でも、打たせ湯は気持ちよかったし、飾り気のない感じが逆に趣がありました(^ω^)

曽爾高原の公式HPは、こちら

いつもお付き合いくださりありがとうございます!
奈良地元紙ぱ~●るや、大手出版社のなら特集では見えないようなところまで取材しようと思いますので、どうぞ暖かく見守ってやってください(*´∀`*)
よろしくお願いします(^ω^)

☆人気ブログランキング(奈良情報)☆
★にほんブログ村 奈良市情報★
☆FC2 Blog Ranking☆

ってか、公開した後、気がついたんですが、この記事に乗せた写真の多くにオーブが写ってますね…(・◇・)
まあお山にお邪魔してるんですもんね。居て当然ですね~。

管理人 はく

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Do you have the time?

プロフィール

はく

Author:はく
管理人のはくと申します。性別は女、年齢は20代前半ってとこです。奈良の美味しいもの、素敵なカフェ、いっぱい紹介できたらなと思っています!どうぞよろしくお願いします!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (3)
原発関連 (0)
奈良公園周辺 (11)
甘味・食事処 (1)
名所 (1)
イベント (9)
奈良町周辺 (13)
甘味・食事処 (12)
名所 (1)
近鉄奈良駅周辺 (2)
甘味・食事処 (2)
奈良その他 (7)
甘味・食事処 (1)
名所・イベント (6)

検索フォーム

スライドショー

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。